« 中華そば | トップページ | お礼等々 »

2007年11月 1日 (木)

「讃岐ラーメン」という標榜

日本一小さい県、我、香川。
讃岐は、古くからの此の地の呼び名です。
ここでのラーメンの起源(ルーツ)は、昭和初期頃の屋台の「夜鳴そば」にあると謳われます。
何処の街角にもあった、懐かしいアノ味。
「支那そば」「中華そば」「ラーメン」と呼称も時代の流れで変化を遂げます。
失われつつあった味と技を受け継ぎつつ、より進化させた麺、スープ、具材を、一杯の丼の中に再現させました。
讃岐の人は、特別麺にうるさい。
喉越しと噛み締めの食感を最重視した讃岐ならではの手法の完熟麺。
醤油や味噌の調味料や食材も、主に地元産。
古参直伝のレシピを継承し続けながら、なおかつ、常に新しい試みにも挑戦したラーメンであること。
当店では「讃岐ラーメン」の”定義”をこう唱えます。

はまんど店主 森 敏彰

|

« 中華そば | トップページ | お礼等々 »

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/482855/8525086

この記事へのトラックバック一覧です: 「讃岐ラーメン」という標榜:

« 中華そば | トップページ | お礼等々 »