« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月31日 (月)

お世話になりました。

この一年、はまんどをご愛顧いただき、ありがとうございました。
心から御礼を申し上げます。
私たちは、毎日、「最高の味で、確かな品質の、安全な商品」をご提供することを
目標に頑張っています。
来年も、どうかよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月26日 (水)

お土産ラーメン、明日、発売開始。

昨夜、突然の携帯。
犯人は、徳島の南部、牟岐町の畳屋さんのY野さん(まるわかりやがな)からで、実は何を隠そう、昔からの波乗り仲間。そのY野公雄さん(だから、もうええっちゅうに)、通称「公ちゃん」との会話は、こう。
公「とっしゃん(私は仲間から、こう呼ばれる)、もう、土産ラーメン、やるんじょ?」
盛「なぜ、それを」「どこで聞いたんな?公ちゃん」
公「はまんどで、ネットを検索したら、何や、ブログがでてきてなぁ」
盛「何や、そうなぁ」「ほんで、なんぼいるん?」
公「そうやなー、うちの家族やろ」「ABSサーフの三人と、その実家。近所のローソンの店長に、大阪の金ちゃんと彼女やろー・・・」「全部で30食位でええわ」
盛「がびーん(今時そんな驚き方するやつはおらん)」「そなに、ようけな?」

そうなんです。その他にも、ごっつう反応がきてます。
ううーっ、こりゃあ大ブレイクするかもわからん。
明日からの販売に向けて、今から、箱を組み立てなぁいかんわい(まだ、準備しとらんのかい)。
とにかく、明日から開始です。
スープは「はまんど味」のみ。
細麺・太麺のどちらかが選べます。
各1食、化粧箱入りで1箱450円。少々、高値感がありますが、よう、できてます。
是非、お試しください。

公「ほんで、とっしゃん。私は何の犯人なん?」  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月19日 (水)

遂に出るぞ!お土産ラーメン

長い間、待ちに待ったかどうかは知らんけど(笑)、「お土産ラーメン」を販売します。
開始日は、年も押し迫った12月27日(木)の予定です。
この商品の売りは、皆さんに、お店で食べて頂いている麺と同じ麺を持ち帰りしていただけるということ。お客さんの注文があれば、随時、セイロ(麺箱)から麺を袋詰めすることになってます。
店売りと同じということで、日持ちしません。賞味期限は、購入後、要冷蔵(10℃以下)で2日間です。細麺か太麺、または両方混ぜてでも購入することができます。
スープは「はまんど味」のみです。こちらは、申し訳ありませんが、店とまったく同じ味という訳ではありませんが、私の監修のもと、かなり良い出来栄えに仕上がっています。
各1食ずつの化粧箱に入れてあります。
箱のデザインも楽しんでいただけるものになっていると自負しています。
皆さん、是非一度お試しくださいねー。

と、言うことで、業務連絡は終わり。
さて、先週の水曜。約三ヶ月ぶりに休みがとれた(とほほー)私は、訳あって、我、麺通団員のゴンさん宅へ。一段落付いたら昼飯頃だったので、久々の外食となりました。
盛  「何いきますかー?めっちゃ、ひさしぶりやし。」
ゴン 「そやねー、なんでもええけど、ラーメンなんかどないです?」
盛「なんでやねん」
と、言う訳で、○○ラーメンの×××××で、ワイワイ言うて。ほんで、餃子も喰うて。
盛  「歳とったら、なかなか腹がおきんがー。」「も、一軒いくんなぁー。」
ゴン 「なんでやねん」
などと、やっぱりワーワー言うて、二軒目行ったんが、高松市内の北(詳細は秘密)の方。
ここが、ごっつうええんですよ。洋食がメインの食堂なんですけどね、中華そばもある。
佇まいは、ほんま昭和の大衆食堂。大将というか、マスターも昭和の中期の前半(笑)。
私は中華そば。ゴンさんは、オムライスがええ言うんを、私が無理にAランチにさせて注文。私、高松に行ったら、必ずあそこで御飯します。久々、胸が高鳴りました。
我、「はまんど」も何十年かして、ああなりたいものです。(笑)
ゴン 「胸の高鳴りは、食堂の発見だけですか?」「例えば、店のスタッフのお姉さんが
    気にいったとか・・・」
盛  「それは、言えんな。」

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2007年12月12日 (水)

ハッピーカムカム(苦笑)

そうなんですよ。やっぱり週一の書き込みになってしまいます。すんませんが、こらえてください。(誰に謝っとるんか、ようわからんけど)
やはり、原因は、と言うと、こうは言わんけど、画期的?にパソコンに弱いんと、明らかに机に向かう時間がないっちゅうこと、でしょう。
一から十まで、ラーメンの全てに携わっとたら、そりゃあ暇もないわなぁ。まだ、時間が足らんのであずっりょるくらいやのに。
でも、お蔭様で新装開店から一ヶ月ちょっとこば、予想を上回るお客様に支持していただき、本当に感謝、感謝の毎日です。
今回も、店の全てのプロデュースは自分でやったんやけど、これほど皆さんが喜んでくれるとは。ちゃんとした理由は無いんやけど(ほんまは策略があるんやけど、それは言えん)、あきらかに手ごたえが伝わってきます。
これからも頑張って驚きと感動を与えられないか、などと、そんなこと考えながら作業に没頭してます。
さて、このブログでも店のメニューの紹介もしてあります。いままでの書き込みで重複する事項もあると思いますが、再度、文章にしてみますね。

香川県でのラーメンのルーツは、昭和初期頃の屋台のラーメンと、うどん食堂の中華そば。
古参直伝の味と技を伝承しつつも、常に新味を探求したラーメンが食べられる店。
2007年11月、前店舗の北隣にて新装開店。
早朝2時半頃から仕込まれるスープは、3種類。
メニューによって使い分ける麺は、基本的に5種類で、
喉越しや食感を重視する地域の要望に応じた仕上がりにしてあるのが特徴。
清湯と魚介のW(ダブルスープ)に平打麺の「讃岐そば」、細麺の「中華そば」。
白湯の「こってり(中華そば)」や、数量限定の「しお」、復刻の一番人気「ニューはまんど」。
まだ、やってないけど、2時からの時間限定の「讃岐みそ」、「釜卵油そば」等々、いろいろな味が楽しめる店です。

と、まあ、こんな感じですが、これを読んでのご意見や感想などあったら、是非、コメントをお願いしますね。
上手く対応が出来るかどうかわからないですが、そこんとこよろしくです。
特に、夫婦で来店していただいている数多いお客様のなかでもベスト3のなかにランクインされるM田さん、たのみますよー。(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年12月 5日 (水)

お知らせの一気!

もう、怒涛の如くの書き込みです。(苦笑) 
 えー、まずは、明日から「濃厚つけそば」を始めます。
「お土産ラーメン」は、今月二十日過ぎくらいから販売開始。「ぶためし」、もうちょっとこば待ってつか。今、焼豚を、もっと美味しく出来ないか?なんて課題を、再度、検討中なんで手間取っています。何で全てに時間がかかるんかというと、説明するんに長いことかかるんやけど、あえて、ここで話しときます。
承知の通り、新装開店の運びとなりました「はまんど」ですが、プレハブ小屋から、早や七年。これも一重に皆様の御蔭です。当初は、「店が古うなったら、新しい中古のプレハブ小屋に建て替える」などと、冗談とも本気ともうけとられる(ほんまに、そう思うとった)発言をしとったんは事実。
店が老朽化してきた時、どうするのか?
うどん王国「讃岐」の地にありながら、しかも、昼間だけの営業で生業をたてられるのも、お客さんあってです。
それは、よう解かっとんですが、やっぱり一番大切なんは「味」です。
それに懸ける情熱やと・・・。
気持ちそのままで、お客さんのストレスを無くそう。
そうするんやったら、店の造りを変えよう。と、なった訳で・・・。
以前、まかり通っていたルールの、相席、セルフ等々はやめました。
おしぼりもお出しして、割り箸もええやつに。
ラーメンの値段は上げずに新メニューを。
とにかく、皆さんに「はまんど、新しいなったら、味が落ちたのー。愛想悪うなったのお。」言われんように、気いつけとります。(笑)
値上げ言うたら、最近の小麦価格の急騰、原油製品の値上げ、ほんでもって最悪なんが鰹節などの節類の高騰が痛いです。
鰹の値上がりの訳、なんでやと思いますか?それはマグロかららしいです。
鮪の漁獲高の制限で、鰹が代用されてきているとのこと。
世界的に魚を食するのが見直されてきているなか、どうも、そんなことらしく、ついでにサバやアジなんかも値上げ・・・。   
 ラーメンの値上げ!それだけは避けたい。
うどん文化圏の香川では、ラーメン・中華蕎麦はせいぜいワンコイン、私はそう思います。値上げせずに、どうしたらええのか?杯数、売ったらええやんか。
かなり賭けの要素が含まれましたが、心配はとり越し苦労やったかも。
御蔭さまで、いまのところ多くのお客さまに来店していただいております。
後は、仕入れの見直しです。これまで二十数年以上も付き合って頂いた業者さんに不義理をしないよう、新規に食材ルートを開拓中です。調味料も含め、素材、食品は必ず生産者の顔が見える処からを、これからも心がけたいと考えます。
まだまだメニューの隠し玉があるんですが、ここでは、まだ言えん。あぁ、はよ言いたい。とりあえず、こんな感じです。
なんじゃあかんじゃ書いたけど、消費税が二桁になったら、今日の発言は撤回するかもしらんきん。では、また来週。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本当に御免なさい。

いやはや何とも申し訳ない。
新店がオープンしてから、はや一ヶ月がたってしもうたが。
御陰様で、たくさんのお客さんが来てくれてます。定休日は水曜(祝日の場合は翌日)なんですが、仕事を休めず、早朝から多忙の毎日でした。
ようやく、こうやって机の前にいます。ほんま、すんませんです。こんな具合やったらブログやのうて、月記じゃが。せめて週記ぐらいにはせんといかんなあと痛感した次第です。
一番、不得意な分野の作業ですが、新規の情報やお知らせ等々、書き込んでいきますね。
月記やのうて、週記でね。(笑) 

     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »