« 懐かしの味 | トップページ | 魅惑の食材・パート2(またまた卵) »

2008年8月20日 (水)

続・懐かしの味

ふーーーーーーーっ。
お久しぶりでございます。

今年の、お盆は、じょんならんかったがい。(「どっちゃこっちゃならんかった」の意。)(これも標準語訳にはなっとらんけど・・・笑)お客さんが多かったんと、スタッフが欠員したんとで、キリキリ舞いやった。お陰で、ちょっぴり痩せちゃいました。(笑)

と、言う訳で、前回のお話に。
32年振りやろうか?の名古屋での、味噌カツとラーメン。予想以上に脳裏の郷愁が蘇ったもんでした。
名古屋におった時、「寿がきや」のラーメンを一年ちょっとくらい毎日食べてて、確か、一杯190円(一番、安いやつ)やったと思う。さすがに値上げされてて、今回は290円。(ほんでも、安いがなー)   名古屋は地下街がようけあって、名古屋駅の西口に「エスカ」があって、噂では、そこにも出店しとるらしいが、あえてソコはフルサービスの店みたいなんで、駅東口の「テルミナ」の7階の「寿がきや」へ行くことにする。

お昼時とあって、行列じゃがー。学生さんも、サラリーマンも、爺ちゃん・婆ちゃんや子供まで幅広い層に支持されとんが、ようわかる。さっき変なこと書きましたが、そう、ココはセルフの店。システムを忘れかかっとった私は、並んどる間に素早くチェック。そして、完全網羅。(まあ、そんな大袈裟なもんやないんですが)
「まるで、讃岐うどんのセルフと同じやんかー。」
「これは、使えるぞ。」
と、思うたんは、私だけの秘密です。

先日、近所のスーパーにスガキヤのラーメンを売ってて、即、喰ってみたが、雰囲気だけは味わえた。しかし、
「本物は、やっぱりええ。」
「フレーバァー(香り)がちゃうぞ。」
しかし、不思議な魅力の味である。豚骨ベースなんやろうけど、プラスの和風が面白い。
香川県人にも、うけるラーメン!そんな気がした逸品でした。

あと、韓国との間で、商標権でもめていた「矢場とん」。
めちゃめちゃ旨かったけど、長くなるので、また、気が向いたらにします。

「ほんだけど、あの八丁味噌のタレは、肉の筋で採ったスープが素らしいでぇ。」
H谷川「おっさん、おっさん。」

|

« 懐かしの味 | トップページ | 魅惑の食材・パート2(またまた卵) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/482855/23102334

この記事へのトラックバック一覧です: 続・懐かしの味:

« 懐かしの味 | トップページ | 魅惑の食材・パート2(またまた卵) »