« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月19日 (水)

三豊唐辛子プロジェクト

其の話は、約一年前にさかのぼる。

はまんどのメニューに、激辛の坦々麺なるものを加えようと、地元産の唐辛子を探していたところ、皆無。
「なんでやねん」
「あんなにようけ近所の畑にあるやないのん。」
ってことで、調べたら良心的な関西方面の会社が中讃あたりの農家さんと提携して生産や販売をやってるらしいことが判明。しかも、あんまり数量的に多くない事も判ったわけで。

えーっと、受け売りの話です。
この唐辛子は「香川本鷹」いうて、国産の唐辛子では日本一辛い品種である。
その昔、戦前までは、ここ荘内半島やその周辺の島々で生産されていて、その生産量も日本一だった。そのまた昔、豊臣秀吉が朝鮮出兵の際、種を持ち帰り、このあたりで広まった説。ほんで、韓国のキムチの材料として輸出までしていた話。
えーっと、完全な裏付け調査はしていません。(笑)

とにかく、なるべく地元産にこだわる当店としては、近所の畑のとんがらしが欲しい。というだけから始まった“三豊の唐辛子はどないなっとんじゃ調査”の話は次回の続きということで・・・・。

| | トラックバック (0)

2011年1月 1日 (土)

三豊市唐辛子プロジェクト協会(仮称)

今年から  私は変わるだろう。
いや、変わる。 変わる筈だ。 変わることにしたんだ。
「どうだかねぇ」

と、いうわけで昨年からのお約束の“まめにブログを更新する計画”を
新年早々から、しかも、元旦の朝一から実行するという快挙を成し遂げつつあるわけです。(苦笑)


今年のワクワク話というのがいっぱいあって、ひとつが“唐辛子”。
香川県の希少な農作物に“香川本鷹”という、日本一辛いと言われる唐辛子があります。
県下でもすでに丸亀や綾歌あたりでも、その唐辛子を復刻させようグループがおって、あっちこっちでワーワーいうとるげな。
我、地元、三豊市では、その昔(戦前まで)には、その生産量と品質が名実共に日本一やったそうなんです。
荘内半島の大浜にH田さんいうおっちゃんがおって、辛子の買い付けをしよるんです。
もう、高齢になったきんいうて今年からの唐辛子を譲ってくれるいう話になりました。
この唐辛子で、こっちもワーワー言えんかのうっていう作戦です。

この作戦計画は随時、小ネタとして小出ししていきます。(再苦笑)

あっ、そうそう。
この間、ラジオの収録で、この話を、田尾団長にいうたら、一刀両断やったんも、年始の報告とさせていただきます。今年も元気でいきまっせー。 ほんだらねー。

| | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »