« 2011年8月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年1月

2012年1月 1日 (日)

2012/01/01おめでとうさん

新年あけましておめでとうございます。
いやー、昨年はたぶん私のいままでの人生のなかで一番怒濤の一年だったかもね。
「牟岐のきみちゃん、あぼやん、こらえてのー」
確か九月頃に電話で、年末までには顔を出す言うとったのに行けんかったがい。まあ、なんとてせわしゅうて、じょんならんかった年でした。毎年、最低は14~5回は波乗りしよったのに、34年間の波乗り人生で初めて海に行けんかった。いや、行かんかった年です。
海に行けんのは辛いけど、行かんのは辛抱できるみたいな変な理屈から、そうしちゃいました。

もう、随分、更新してなくて関心を寄せられないかも知れんけど、団長の日記のおかげで、まだまだアクセス数が多いんで、忘れられないうちに今年の目標や抱負を語ります。

去年、認可を受けた三豊市の農・商・工連携事業「香川本鷹復興計画」により、一からの立ち上げでしたが何とか準備が整いつつあります。幻の唐辛子を用いた商品の開発やプロジェクトを西讃岐地方の有志達と、無い知恵を振り絞って出し合っているのが現状ですが今年2月の旧正月には、何かしらを発表できるんでないかいみたいなところまで漕ぎ着けました。
一、三豊市・観音寺市内で、この企画に賛同してくれるうどん屋さんと、麵通団の本の取材に応じてくれている超有名穴場店(いつも、変な言い回しやけど・・)に、うどん用トッピングの唐辛子丸天ぷらを届ける。
二、うどん巡礼者のために、古来より縁起物の天然ひょうたんのマイ一味入れグッズや、お土産うどん用唐辛子を商品化して販売する。
三、香川本鷹のポスターを製作、県内のいたるところで告知してもらう。
みたいな感じです。

幻の唐辛子をもっと知ってもらうために計画・決定したんが「虎右ヱ門改造計画」です。
豊中町の中華そば・餃子の店「虎右ヱ門」の立地が、交通量の多い県道沿いということもあり店舗の側壁に「幻の唐辛子」の看板を、また、南側にはJR予讃線からしか見えんけど「荘内半島とうがらし」の文字を壁一杯に書き込み、近隣の皆さんに周知を計ります。香りと風味がイチオシの唐辛子で焼肉のタレやキムチ等をこしらえて店で売る。すなわち、ラーメン店を焼き肉屋に業態転換します。
「なんしょんぞー」「ラーメンが喰えんのかい」
言うて常連さんにも怒られそうですが、年中無休で夕方5時から晩の11時まで、季節を問わず、冷麺も温麵も食べられる店に変身です。これって、常連さんが多い現状、結構勇気がいる決断でした。ガス式七輪で焼く方式なんで、ダクト工事を施工します。弊社の3店舗は全て店内禁煙でしたが、ここだけは喫煙可能になります。煙草の煙はダクトが吸引するのでまったくの安心です。屋号も変わります。
焼肉ホルモン「谷カルビ商店」
です。

はまんど本店では、「美味しい白菜キムチ」と「しおたまご」を新春から販売いたします。
イートイン、テイクアウトのどちらでもオッケーです。
また、新たなおいしいを皆さんに提供できればと思います。

今年もよろしくお願いいたします。一年の計は元旦にありで申し上げました。

元旦      森敏彰

追伸
皆様のおかげで愛知県小牧市の三男智起の店「ら・DON」は、昨年の6月の開店以来、約半年の沈黙?をかたくなに守った後(笑)、大ブレイクです。「本当にありがとうございます。」営業時間内にでもスープ切れ続出ですが、真面目に丁寧な仕事を心がけ頑張っております。ご迷惑をおかけすることも多々ありましょうがよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2012年4月 »